読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

誰かブログ名考えて

周囲に触発されて始めました。

ちょっとTEDみた感想

まじめな雑感

周りみんなブログ書き始めているのをみると

昔の日報を思い出しますね(きっと一部にしか伝わらない)。

 

今日もなんだか書く気が起きたので、3日坊主やろうと思います。

現実逃避しているだけなのだけれど。へへへ。

 

今回は唐突だけど「実践知」について書こうかと。長くなりそう。

そもそもなぜ書こうかと思ったかというと、今日これを見たからなんですね。


Our loss of wisdom - Barry Schwartz

心理学と経済学の関係性などを研究しているBarry SchwartzさんのTED。

20分ほどのTalkの中で彼は具体例を交えつつ「実践知」の重要性を説いています。

RuleやIncentiveは役立たず、「実践知」こそが世界を変えるのだと。

 

「実践知」とは、もともとはアリストテレスの考えのうちのひとつです。

一般的に実践知は教えられて身につくものではなく、経験していく中で身につけていくものであるとされています。

超ざっくりというと「様々な美徳を場面や状況のニーズに応じてうまく活用させていくといいよね!」っていう。

( BarryさんのTalkのなかでも何回も"virtue(美徳)"という言葉が使われています。)

実践知を発揮している状態では、決まり一辺倒なルールなどに縛られることなく、

個人の良識に基づいた倫理規範によって判断を下したり、行動をしたりします。

 

さて、件の動画の中で組織のリーダーとして私たちはどうすべきかという話がちらりと出てきました。

As heads of organizations, we should strive to create environments that encourage and nurture both moral skill and moral will

If you run organization,you should be sure that none of the jobs descriptions like the janitors(ここではJob descriptionに他人とかかわる項目が一切書かれていないものの例としてjanitors(清掃員)を挙げています).

Because the truth is that any work that you do that involves interaction with other people is moral work.

And any moral work depends upon practical wisdom.

おお…組織のリーダーに実践知って必要なのか…

たしかにこの激しく変化していく社会のなかで、最適な判断を素早く下すには「実践知」が必要なんじゃないか…

 

とか思えてきたわけです。ちょろい。すぐ影響される。

で、調べたら、なんと日本人でも研究していらっしゃる方がいるではないですか。

富士通の経済研究所理事長の野中郁次郎さんという方が記事をいっぱい書いていました。

 

www.fujitsu.com

これとか。

http://www.mri.co.jp/NEWS/magazine/club/05/__icsFiles/afieldfile/2009/01/15/20080801_club05.pdf

これとか。

www.nikkeibp.co.jp

これとか。(経営組織論で「形式知」と「暗黙知」について確かにやったけれど、ここまで考えたことはなかったなあ…。)

 

この記事で面白いと思ったのが、

アリストテレスの3つの知識の概念とは

 ①エピステーメ「Know Why(なぜ実行するか)」

②テクネ「Know How(どのように実行するか)」

③フロネシス「Know What(何を実行するか)」の3つであり、

「何を実行するか」には「共通善」という目的をどう考えるか、という問いが不可分にくっついています。

この「共通善とは何か」そして「どのようにして共通善を実現するのか」という問に対して、その組織の価値観にコミットする限り、必ず何らかの解を答えることができる。それを可能にするものこそが「実践知」である。

 

なるほど。ここでいう共通善は弊団体でいうとVisionに相当するのかな。

そしてそのVisionに対して、自分なりの解をもつことを可能にするものが実践知なのかな。

野中さん曰く、「実践知は共通善に向けた想いと、その人の過去の経験を構築された知識の集積からなるものだ。」と。

 

ならば、即座に問に答えられない私はまだまだこの組織に対してフルコミットできていないのだろう、と思いました(雑感)

 

まだまだですねえ。

 

またダラダラと長文を書いてしまいましたね。

ここまで読めた人、いるのだろうか。

 

 

 

おとといの話

つぶやき

ブログのいいところって、

自分の考えを「外部」に気兼ねなく発信できるってところですよね。

別に誰が見ていても、見ていなくてもいいのだけれど

誰かが見るかもしれないところに

自分の言葉を発するっていうところに意味があると思うのです。

人間ってやっぱり自分のことを誰かに知ってもらいたい、自分の考えを聞いてもらいたいってところがありますものね。

 

…っていうことを最近思いました。お久しぶりです。笑

またこのブログを始めたときと同様にして、

みんなが書いているのをみて書きたくなった次第でございます。

 

うん、話題は特にないんですけど、

おとといのお話の備忘録として、今回のブログは書きたいと思います。

(徒然なるままに深夜に書くので、いつものごとく駄文長文なのは勘弁…。)

おとといにですね、あるすごい方と話していた時に

就活、みたいな話題になったんですね。

 

そのときに

やりたいことを仕事になんてしなくていい。 

人事で「やりたいこと」なんて聞いてくるやつはだめだ。

っていう趣旨のことをおっしゃったんですね。

私的には「ほえ~~~」と驚いたわけです。

なぜかというと、大概そういうすごい人たちって

「将来やりたいことは?」「君の夢ってなに?」とか言ってきて、

若者(というか私)は苦し紛れにそれっぽいことをいうっていうイメージだったので。

 

その人がなぜ「やりたいことを仕事にしなくていい」といったのか。

1.やりたいことは、趣味でやればいい。

2.仕事というのは「はた」を「らく」にすることだから、

 まずは社会のニーズがないと「仕事」が成り立たない。

 やりたいことが社会のニーズにマッチしているとは限らない。

3.やりたいこと=仕事にできれば一番だけど

 誰しもがそうなる必要はない。

みたいなことを理由にしていました。

納得するところもあれば、納得できないところもありましたが…

 

とにかくなんだかこの一言で、私はちょっと心が軽くなりました。

私、昔からそういう「何をやりたいの?」っていう質問が死ぬほど苦手だったんです。

そりゃあ「おいしいものを食べたい」とか「ふかふかお布団にくるまれていたい」とかは思いますけれども、なんか夢とか行動とか何かを強くやりたいっていうのが出てこないんですよね。

 

もはや「やりたい」とかを超えた「使命感」とか「義務感」とか運命じみたものを感じて行動に移すことのほうがたぶん多い。最初はささいなきっかけとか勢いとかで、あとは「やる」って最初に決定した自分の考えに責任をもって、やり抜く、みたいな。一見すると、なんか可哀そう、つらそう、って印象を持たれるかもしれませんが、私はあまりそれに対して苦痛を覚えないのです。

みんなの「やりたい」って一体どこから出てくるんだろうって不思議に思う今日この頃です。なんか私の場合、「やりたいこと」とか「動機」とか、どれも後付けでしかない気がしちゃうんですよね~~~~。本当に自分がそう思っているのかいまいち自分で信じきれない。

 

えと、ちょっと話がずれましたね。とにかく、

「やりたいことを仕事にする必要はない。やりたいことを無理に探す必要はない。」っていうのが、おとといの学びでした。

 

もっと社会や人のことを知り、社会のニーズを見つけ、

自分にしか出せない価値を社会に対して発揮していきたいですね。

はっきりとしたレゾンデートルをもちたい。

そのためには、自分を磨かないと。がんばります。

 

それでは、おやすみなさい。

 

 

 

 

 

悔しい

つぶやき

ここ最近で一番悔しい。

でも泣くくらい悔しい思いができてよかった。

 

 

このままじゃ終われない。

ので、がんばりまっする。

考えるのって楽しいね

つぶやき

 

わあ、1か月なんて続かなかったですね。

こんばんは、よこむです。

 

なんだか、ここ1週間くらいで再発見したんですけど

私考えるのって結構好きだったりしたんだな、って。

 

自分で考えるのが楽しくて楽しくて思わず時間を忘れてました。

夢中だった。ひさしぶりにあんな感覚になった。

いうて、いま壁にぶちあたっているのですが。

つらいけど、それさえも楽しい。

 

自分に合った考え方もあるもんだなあ、と。

子供時代に帰ったみたいで、ひたすらに楽しい。

 

この気持ちをいつでも忘れたくないですね。

この間まで自分のいた環境では決してこの気持ちは味わえなかった。

味わえなかった、っていうのは気づけなかった気づこうとしなかったというのが原因だとは思うのだけれども。

 

さて、ここから。がんばりまっする。

 

触発されて

つぶやき

朝5:45に友達のブログを読んで、おもしろそうだなって思って始めました。

たぶん1か月くらい(特にテスト期間で現実逃避したいとき)やって

そのあとやらなくなる気がするなあ。

 

何書こうかな~